年金及び健康保険の各種手続き等に係る個人番号の利用開始のお知らせ

2018年03月16日

県連より年金及び健康保険の各種手続き等に係る個人番号の利用開始するに当たり周知協
力依頼がありましたので、お知らせします。

平成28年11月に「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関す
る法律附則第三条の二の政令で定める日を定める政令(平成28年政令第347号)」が
公布・施行されたことに伴い、既に官公庁において個人番号を利用した事務が行われてお
りますが、今般、年金及び健康保険での各種手続きなどでも個人番号の利用が開始される
こととなりますので、下記のとおりご連絡いたします。

1.年金分野での利用について
(1)窓口における相談・照会対応    【平成29年から実施済み】
  ※基礎年金番号が分からない場合であっても、相談が可能。

(2)住所・氏名変更時の届け出省略   【平成30年3月5日から実施】
(3)採用時の基礎年金番号の確認が不要 【平成30年3月5日から実施】
(4)個人番号欄の追加並びに、様式の変更【平成30年3月5日から実施】

(5)その他の事項(通知等の郵送先(居所)の登録について)
※今後、住民票上の住所に異動があった場合は、郵送先が自動で更新されます。その際に
、既に登録している郵送先が居所であり、郵送先の変更を希望しない場合は、日本年金機
構への登録が必要になりますのでご注意をお願いします。
 
2.健康保険証の自動発行について
現在行っている氏名変更の届け出に加え、協会けんぽにて氏名変更情報が確認できたもの
について、新氏名が記載された新保険証を自動で作成し、毎月下旬頃に対象の事業主宛て
に送付する運用が開始されることとなっております。

※詳細につきまして、今後、全国健康保険協会HP及び日本年金機構HPにてリリースさ
れることとなっております。

詳しくはこちらをご覧ください。(年金)
詳しくはこちらをご覧ください。(健康保険)

Copyright(c) 2014 浅口商工会 All Rights Reserved.
Top