平成30年度以降のキャリアアップ助成金に係る変更点のお知らせ

2018年01月31日

厚生労働省から周知依頼がありましたのでご案内いたします。

「キャリアアップ助成金」は、非正規雇用労働者の企業内でのキャリアアップを促進する
ため、正社員化などの取組を実施した事業主に対して助成金を支給する制度です。

≪主な変更点≫
1.正社員化コース
 (1)支給申請上限人数を15人から20人に拡充。
 (2)支給要件の追加
   ① 転換前の6ヶ月前と転換後の6ヶ月の賃金を比較して、5%以上増額している
     こと。
   ② 有期契約労働者からの転換の場合、対象となる労働者が転換前に事業主に雇用
     されていた期間が3年以下に限ること。

2.人材育成コース
  「人材開発支援助成金」に統合。

3.賃金規定等共通化コース
  共通化した対象労働者について、2人目以降に加算措置を設ける。

4.諸手当制度共通化コース
 (1)共通化した対象労働者について、2人目以降に加算措置を設ける。
 (2)共通化した諸手当について2つ目以降に加算措置を設ける。
    ※(1)、(2)については併用可能。

5.その他
  本助成金の利用にあたっては、事前にキャリアアップ計画の提出が必要となります。
  相談等については、最寄りの都道府県労働局、ハローワーク及び平成30年度から47
  都道府県に設置予定の「働き方改革推進支援センター」を適宜、ご活用ください。

詳しくはこちらをご覧ください。
平成30年度以降のキャリアアップ助成金について
キャリアアップ助成金のご案内
キャリアアップ助成金Q&A

Copyright(c) 2014 浅口商工会 All Rights Reserved.
Top