「グループ補助金」の復興事業計画公募のお知らせ

2018年08月29日

本補助金事業は、平成30年7月豪雨による災害により甚大な被害を受けた地域
において、県の認定する中小企業等グループの復興事業計画について、国及び
県が支援することにより、「産業活力の復活」、「被災地域の復興」、「コミ
ュニティの再生」、「雇用の維持」等を図り、県内産業の復旧及び復興を促進
することを目的とします。
  
◇公募開始
 平成30年9月3日(月)から

◇補助対象者
 複数の中小企業等から構成される集団で、下記(1)から(5)のいずれか
の機能を有するグループ(以下「中小企業等グループ」という。)となります。
 中小企業等グループの構成員が補助金を受けようとする場合は、その構成員
の事業所等が、岡山県内に所在していること要件なります。
 また、資本金10億円以上の大企業(みなし大企業を含む)及び事業所等が
岡山県内に所在していない中小企業者等については、補助金交付の対象とはな
りませんが、グループ構成員としての参画は可能です。
(1)サプライチェーン型
(2)経済・雇用貢献型
(3)地域生活・産業基盤型
(4)地域資源産業型
(5)商店型
※詳細は、公募要領をご覧ください。

◇復興事業計画期間
 構成員毎に実施する施設及び設備の復旧事業の期間は、原則として平成30
年度末までとなります。

◇補助対象経費
 補助金の交付対象となる経費は、中小企業等グループ又はその構成員の施設
又は設備であって、平成30年7月豪雨による災害により損壊若しくは滅失又
は継続して使用することが困難になったものうち、中小企業等グループが復興
事計画に基づき事業を行うのに不可欠であり、かつ、原則として県内の施設及
設備の復旧・整備並びに商業機能の復旧促進のための事業に要する経費となり
ます。
 また、新分野事業については、施設・設備の原状回復に要する経費に代えて、
新分野事業に要する施設・設備の整備に要する経費も補助対象とします。
 ただし、この場合の補助上限額は、被災前に所有していた施設・設備の現状
回復に必要な経費に補助率を乗じた金額となります。
 なお、平成30年7月豪雨以降、交付決定前に実施した施設等復旧事業にも
遡及適用が認められる場合があります。

◇応募方法
 応募にあたっては、公募要領をご覧いただき、申請書様式により提出して下
 さい。 公募要領・申請書様式は下記URLよりダウンロードしてください。
 http://www.okasci.or.jp/subsidy/222/

◇提出先・お問合せ先
 岡山県産業労働部 事業者復興支援室
 TEL:086-226-7924、086-226-7925

詳しくはこちらをご覧ください。

公募要領
補助事業について
Q&A

Copyright(c) 2014 浅口商工会 All Rights Reserved.
Top